Be patient! 火打ち石の童話より

patient(ペイシェント) [形]忍耐強い [名]患者

 

 

Be patient! 忍耐強くあれ。

 

 

みんな、「火打ち石」を知っているかな?

 

 

昔、人間は、石と石をぶつけて、火をおこしていた。

 

 

バーンと。

 

burn (バーン)燃える、燃やす

 

 

しかし、1回や2回ぶつけただけでは、なかなか火はおこらない。

 

 

今日は火がburnする童話を紹介します。

 

 

「石からうまれたもの」レオナルド・ダヴィンチ作

 

ある石が、火打ち石に叩かれた。

 

石はとても驚いて、怒った(got angry)。

 

が、火打ち石は、笑ってこう答えた。

 

「がまん、がまん、がまんが大切。これが がまんできたら、わたしは、あなたの からだから、すばらしい ものを ひき出して あげますよ」

 

 

石は気を取り直して、忍耐(patience)に徹した。

 

 

カチッ! カチッ!

 

 

すると自分の中から、素晴らしい火が飛び出した。

 

 

バーン(burn)と。

 

 

すべての力は、君たちの中に秘められている。

 

 

その火を打ち出すものは、自分を鍛えてくれる困難である。

 

 

Be patient!  Never give up!

 

 

絶対にできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です