テストで10点アップする方法

昨日、担当する生徒にお話したのですが、「自分は聞いていない! ずるい!」とならないよう、皆さんにもシェアしたいと思います。

これを意識し、実行すれば、どの教科でも10点上積みは可能です。

テストで90点以上取れる子とそうでない子の違いといっても過言ではありません。

大人でも、これがある人とない人がいます。ある人は、たいがい仕事でも成功しています。

 

 

 

 

 

 

 

必要なのは、「緻密(ちみつ)さ」です。

どんな性格の人でも、鍛錬(たんれん)次第で身につきます。英数学院でも普段からこの意識で取り組んでもらっていますが、テストの時もこれを意識して問題を解いてください。

 

もう一つ、言葉を贈ります。

「天使のように大胆に 悪魔のように細心に」

世界的な映画監督、黒澤明さんの言葉です(出典は、正確には「悪魔のように細心に!天使のように大胆に!」。

 

さて、時間は有限です。寿命も限られていますし、中学校も3年間です。テストまでの残り期間も全員平等に限られていて、テストにも時間制限があります。

緻密にやるのはいいことですが、ゆっくり時間をかければ誰にでもできます。決められた時間内に、緻密に問題を解いていくのです。

 

昨日の授業で、「緻密さ」の重要性を説いた生徒に、英数学院の英語オリジナル並べ替え問題を解いてもらいました。もちろん、制限時間を設けて。

その生徒は、半分くらいしかできませんでした。その理由として、タイマーを目の前に設置していたにも関わらず問題に集中しすぎて時間を気にしなかったこと。そして、第4問(全体の半分あたり)に時間をとられ、時間をロスしたからです。

「さっき教えた言葉、覚えてる?」

「天使のように大胆に 悪魔のように細心に…」

「細心に解いていったのは良かったけど、4問目を飛ばす大胆さがなかったね」

このように練習を繰り返していくと、テストの得点はぐっと上がります。動画の授業では、こうした訓練はできませんよ(笑)。

 

テストまで時間があまりないですから、出来る限り、そして本番、意識を変えて取り組んでみて下さい。

皆さん、数年後は仕事をしてお給料をもらっていますよね。今は、社会に出るまでの準備期間ですよ。しっかりトレーニングしましょう!

 

コメントを残す